Electronic Cigarette Users

心療内科は精神科と違う?どんな時に適しているのかを知っておこう!

心療内科が得意とする症状

心療内科と精神科は心に悩みを抱えていて不調が生じている人にとって救済になる治療をしてくれる診療科ですが、何が違うのかがよくわかっていない人もいるでしょう。どんな時にどちらの診療科を受診すると良いのかは理解しておくといざというときに役に立ちます。心療内科と精神科では得意とする症状が違うのが一般的です。心療内科では身体的な不調の治療に強みを持っているのに対して、精神科では精神的な不調を改善するのが得意なのが特徴です。身体を動かすのがつらいときにはまず心療内科を受診するのが良いですが、気分が落ち込んでしまっているだけだというような場合には精神科を受診した方がつらいと思っていることを改善しやすいでしょう。

精神科との併用も効果的

実際には心の悩みで不調を抱えているときには身体的にも精神的にもつらい状況になることがよくあります。するとどちらがつらいかをよく考えて決めなければならないのかと思うかもしれません。しかし、優劣をつけられないほどにどちらもつらいことも多いでしょう。その際には心療内科だけでなく精神科も受診して同時に治療を受けていくのも効果的です。大きな病院では心療内科も精神科もあるので両方とも同じ日に診察を受けられるように手配してもらうと良いでしょう。クリニックの場合にも両方に対応しているところがあるので、まずは心療内科と精神科の二つの角度から同時に治療の仕方を考えてくれるクリニックを選んで診察を受けるのが賢い方法です。

品川の心療内科は、夜間や土日祝日の診療に対応しているところや、精神科や神経科の名医が在籍しているところも多くあります。